2011年 09月 28日 ( 1 )

懸魚その2

9月2日のブログでアップしました氏神さまの飾りですが、同じ大工さんからまた違うお寺さんのものを頼まれました。
e0187405_2593458.jpg

これは懸魚(げぎょ)という飾りで、字の通り、原型は魚の形の飾りでした。
お寺や神社、たまにちょっと立派なお屋敷なんかにも付いている飾りですが、水を呼ぶ魚を建物の切妻につけることで火よけのおまじないとしての役割を持っていたみたいです。

10年ほど前にインドネシアを旅していた頃、この懸魚の原型に出会って、素朴な民家の屋根に懸かった魚の飾りがけっこうツボやったみたいで、何枚か写真を撮っていました。

まさか10年後自分で彫ることになるとは思ってもいなかったですわ。。

そんなゲギョちゃんですが、日本では全く違う形に発展しました。

前回彫ったのは蕪(かぶら)型懸魚。。文字通りカブの形です。

今回のは調べてみたところ蕪型と猪目型の間の子みたいなもんでしょうか?
詳しくは「懸魚の由来と形態」を見てください。 かなりマニアックですが。。。
e0187405_2594736.jpg
さて、これはかなりやっかいで、まず原型を留めてません。
e0187405_30385.jpg
しかもどうやら牡丹に唐草の模様らしい。
e0187405_301934.jpg
まず型を取って木出しします。

真ん中の蕪の部分だけヒノキであとはケヤキです。
e0187405_303021.jpg
やっと一つ上がった!
e0187405_304647.jpg
これがまた今月中に取り付けたいらしく、久々に仕事で追い込まれてます。

しかもアクセサリーもいくつか注文入ってたりして。。。

いやいや、仕事に追われるって幸せやね070.gif

おかげで最近めっちゃハイですわ071.gif
[PR]
by monolith27 | 2011-09-28 03:30 | その他の仕事