2013年 04月 06日 ( 1 )

紐のこと

木彫りのアクセサリーは、時間と共に風合いが変化して、味が出てきます。
そうして育てて行く楽しみもあります。

そして、石とかガラスなどと違って、とにかく軽い。

軽いので首とか肩が凝るようなことはないんやけど、強度のある皮紐や編み紐ではどうしても首から下げたときにたわんでしまい、不格好になってしまうのが欠点です。。。

いろんな紐を探し回り、試してみたのですが、色合いが合わなかったり、強すぎてたわんでしまったり、なかなかピッタリのモノに出会えませんでした。

最終的に、自分で作る事になりました。

そこで出会ったのがこの麻紐。
e0187405_2132190.jpg


京都の「麻小路」という麻製品を専門で扱っているお店で売っていた国産の麻ひもです。

ネパールとか、東南アジアの麻ひもはよく手作りアクセサリーで使われるんやけど、太さが均等でなかったり、色落ちしたり、強度がありすぎたりして使えなかったんですが、こちらはかなり均質な紐です。

これを最初は四つ編みにして使っていたんですが、これもまたちょっと強度がありすぎでした。
そして1本作るのに30分以上かかってしまうという欠点もあり、その結果その分価格をアクセサリーに上乗せせなあかんかったりで。。。

そこで今は自分でこの紐を2本撚り(写真下から2番目)と4本撚り(写真下)にして使用しています。
電動ドリルを使用して撚るので時間もかからず、その結果価格も抑えれるようになりました。

てなわけで、紐に関しては試行錯誤を繰り返して来たわけです。

もしご購入いただいたアクセサリーの紐が切れましたら、ご連絡ください!
新しいものと交換させていただきます。
[PR]
by monolith27 | 2013-04-06 23:48 | アクセサリー