「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:他( 12 )

ひつまぶし

今回の名古屋、出店はもちろんやけど、、、何と言っても本場のひつまぶしを食べない事には意味がない!
というわけで、初日の晩、待ってましたとばかりに行ってきました。

事前調査で調べておいたお店へ行こうと栄町をポン引きかわしながらのんびり歩いて行くと。。。ん?以外と遠い???
気付いたら閉店時間までもうあまりないやんけ!

というわけで全力疾走。

なんとか着いた!と思ったら。。。「本日貸し切り」。。。

「ガ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ン!!!!」

とふと横を見ると、モクモクモクと香ばしい香りの煙が。。。

ウナギの神様はしっかりともう一軒開けてくれてました。
e0187405_2116488.jpg



汗だくで入ってひとまずビール。
だいぶ年期の入った店内で、わけのわからんタイルの壁画がステキでした。

ビール飲み終わる前にひつまぶしが出て来てしまい、ちょっと心の準備が整ってなかったけど、待望の初対面。
e0187405_21161919.jpg


なんと食べ方の解説付き!
e0187405_21161562.jpg


そこでまずおひつの中身を4等分して、

まずは一杯、そのまんま。
うんうん、なかなか濃いめの味付けで。

二杯目はネギとからめて。
e0187405_2115513.jpg

このネギがまたよく切れる包丁で丁寧に細か〜〜〜く刻んであって、香りが抜群なんですわ。

そして三杯目はネギとワサビを乗せ、だし汁をかけてお茶漬け風。
e0187405_21161245.jpg

うををを!こりゃたまらん!

ネギの香り、濃いめのタレそしてワサビのツーーーンがだし汁によってブレンドされてなんとも言えない至福の境地に!!!

四杯目は一番お気に入りの食べ方、とのことやけど、こりゃもうお茶漬けしかないでしょ。

完食後、残ってたビールをチビチビやりながら考えました。
この食べ方は元々は質にばらつきがある天然ウナギの内、身が硬くてお客に出せないようなものを賄いで食べてたのが発祥だとか。
それなら、例えばスーパーの安いウナギ、中国産のものなんかを家で食べるときとかにも使えるんちゃうやろか?
スーパーのものはどうしてもお店で食べるものに劣るけれど、この食べ方ならお店で食べるとき並にウナギを楽しめるのでは???

ウナギの楽しみ方を一つ教わりました。
名古屋の食文化、最高です!
[PR]
by monolith27 | 2013-05-01 13:59 |

官邸前

8月のしょっぱなから里帰りしてました。

横浜。
実は浜っ子です。
5歳までしか住んでないけど。。。

毎週金曜日、首相官邸前や国会議事堂前では、原子力政策に対する抗議行動のため数万人の人たちが集まっています。

7月29日、「国会大包囲」、20万人もの人が集まったとも言われています。
Our Planet TV 中継
↓この映像特集は必見です!!
IWJ ニュース

僕の友人達もけっこうこれは行っていたみたいで、ものすごい盛り上がりだったようです。

さて、1週間後の金曜日、嫁の友人に案内してもらい、首都の脱原発運動の様子を見に行ってきました。
e0187405_18433214.jpg


率直な感想。

声を上げて反対を主張したい人はいっぱいいるんやな、と思う。
でもどう行動したら良いか分からない。
とりあえず毎週金曜日は集まる。

警察の管理がかなりきつい。
僕が行った日は官邸前が立ち入り禁止になっており、国会の方にみんな誘導されてた。
歩道にしかいれない上に交通規制を理由にがっちり管理されちゃってるから、本来数万人の群衆のはずがぶつ切り状態で全然規模が感じられない。
e0187405_18435787.jpg


そして、8時なると解散。
みんなぞろぞろ帰って行く。

嫁の友人のK子さん曰く、この行動がどこに向かっているのか見えないし、来る意味も分からなくなる、とのこと。

7月1日に大飯原発に行ったときは、原発に対する自分の想いをしっかり確認できた。
政府の再稼働強行の理不尽さや、その危険性を充分理解していながら、金をバラまいて原発を推進してきた原子力ムラの連中に対する怒り。
そして子供達のためにもこれ以上原子力を続けて欲しくない、という思い。

こうした想いを存分に機動隊や警察の人たち(この人たちは決して悪い人ではないんやけど。。)にぶつける事ができた。

でも、この東京の状況はかなり不健全やな、というのが率直な感想です。

8時でみんないったん解散やったけど、一部の団体が経済産業省前で抗議行動をする、というのでついて行ってみました。
e0187405_18531596.jpg


これがなかなか良くて、交代交代で経産省前に進みでて、マイクに向かって不満をぶちまける、というもの。
e0187405_1945715.jpg

相手が目の前にいるとみんなかなり過激に怒りをぶちまけてました。
e0187405_18532659.jpg


はてさて、日本の原子力はどこへ向かうのか。。。

過剰な便利さを勧めるメディアに操作された欲望を見直し、本当に豊かであることがどういうことかを各個人がそれぞれの観点でみつけること。。。が大事なような気がします。

そして、田舎にはいろいろヒントがあると思う。
畑をして、森で遊び、四季を感じながら生きる事は決して古くさいことではなく、新しい価値と思想を無限に生み出す源だと思います。
[PR]
by monolith27 | 2012-08-14 19:18 |

大飯原発再稼働

7月1日、大飯原発再稼働に抗議するため、大飯町まで行ってきた。
e0187405_0151767.jpg

僕としては、政府と関電の勝手な言い訳で(電力が足りなくなる、国民の生活を守るためなど。。)あんな恐ろしいものがまた起動すること、そしてその後、なし崩し的に他の原発も続くであろうことを思って、そろそろしっかり行動しておきたかった。

再稼働を止めることはできないのは分かっていたけど、とにかく自分の意志を、行動することによって自分の中に刻み込みたかった。
娘が大きくなって世の中今よりも非道い状況になってしまってたとしても、少なくとも父ちゃんは行動した、と言えるようになりたかった。

ていうか、やっぱ子供らのためにも原発は全廃してもらわにゃ困る!

さて、現場はこんなでした。
e0187405_0145283.jpg

お祭り騒ぎ。

アーティスト、ヒッピー、ミュージシャンが目立ってたけど、昔から原発に反対してきた筋金入りの活動家達ももちろんいたし、僕みたいにとにかく抗議の声を上げたい衝動にかられて来た人も多かった。
e0187405_01813100.jpg

非暴力=消極的 なイメージだったけど、延々と叩かれていたドラムの音がものすごい根源的な力を目覚めさせていたように思う。

場が力に満ちていた。

自分の中にあんなに「強さ」を感じたことはいままでなかった。
e0187405_0172197.jpg

だから、国家権力(暴力?)による強制排除された後も、負けた気がしなかった。
たぶんあの場にいた誰もが同じように感じていたと思う。

民主主義、国家権力、利権、警察、多数決、発言の自由、安保闘争、日本人のムラ気質、等々、いろんな要素が詰まっていて、いろいろ考えさせられた。

自分の中でもなかなか整理出来てなかったんやけど、ジャーナリストの守田敏也さんのこの文章である程度すっきりした。
長文ですが、よかったら読んでみてください。
明日に向けて509 7月12日「大飯原発再稼働反対、現場はかく行動した!」


とにかく今は、暴力がいろんな形をとって見えにくい状態ではびこっている。
先進国と発展途上国、政府と国民、大企業と非正規雇用、強者が弱者に対して、国や法をバックに合法的に暴力を振るっている。

暴力構造の原動力は「お金」。。。だと思う。

お金に惑わされず、自由に生きよう。
野菜を作り、子育てをして、好きな仕事をしよう。
[PR]
by monolith27 | 2012-07-20 00:13 |

3・11

2ヶ月ぶりのブログ更新です。。。
冬眠してました。
というのは嘘で、野菜の方の仕事にかなり力入れてました。

作品もいろいろできたので、また追々アップして行きます。

とりあえず、3・11が近づいてます。
知り合いのブログにこんな映像が紹介されてました。

「津波の子ども達」

薄れつつある震災の記憶。。。ふつふつとよみがえります。

ついでに。。。

おなじみフライングダッチマン
human ERROR

お笑い芸人鉄拳の傑作パラパラ漫画

「ツナガル」

日本はいろんな意味で瀬戸際に立っている状態が続いてますね。
[PR]
by monolith27 | 2012-03-09 00:59 |

この世からなくなっては困る食べ物

僕の大好物はウナギとキムチです。

死ぬ直前になにか食べるものを選べるとしたら、一瞬の迷いもなくうな重を選びます。

そして、普段の食卓から消えてしまうと最も困るおかずがキムチです。

嫁が娘を連れて実家に帰ったので、昨日今日で大量にキムチを仕込みました。

仕事場の上司に安く譲ってもらったC品白菜。
e0187405_23563639.jpg
からし菜、セロリ、日野菜、ちなみに材料はネットで購入した韓国唐辛子以外全て有機野菜。。。なんて贅沢な!
e0187405_2357650.jpg
しっかりと塩を揉み込んだ白菜を一晩寝かせ、いい感じにしなびたら塩抜きしてしっかり水を切ります。
e0187405_23571556.jpg

唐辛子、ニンニク、ショウガ、アミエビの塩辛、ナンプラー。大根と人参を短冊切り、ネギはみじん切り。これを全部混ぜ合わせてヤンニョムペーストを作ります。
e0187405_23572762.jpg
今回の甘みは柿とリンゴの2種類試してみました。

他にも、パクチーやセロリを入れたり、友達の農家さんにもらった唐辛子を刻んで入れてみたり、今回はいろいろ試してます。

自家製キムチがない夏場はスーパーでお気に入りのキムチを買ってるんやけど、この容器がかなり使えるので全部取ってあります。
e0187405_23573860.jpg

14パックできた!!

旨そ〜〜〜〜emoticon-0169-dance.gif
e0187405_23574793.jpg
ほんまは1週間くらいは待ってから食べ始めるねんけど、、、ま、ま、待てん!
[PR]
by monolith27 | 2011-12-13 00:18 |

FRYING DUTCHMAN

めっちゃしびれました。

震災直後の緊迫した気持ちを思い出させてくれました。

FRYING DUTCHMAN humanERROR

17分もあって長いし映像もないけど、是非聞いてみてください。

日本はまだまだ緊急事態が続いてるんですね。
放射能の脅威は子供らののど元まで来ています。

周りが気にしてへんからって、生活に追われて忙しいからって、こっちまで流されたらあかん。

これから世界が変われるか否かは僕ら一人一人の意識にかかってるんや。
[PR]
by monolith27 | 2011-12-01 23:27 |

街へ行く日

久々に単独で京都市内に行きました。

やること盛りだくさんです。。。

あっちこっち行って買い物した後に京都と滋賀の県境にある比叡平という住宅街へ。
木彫りのアクセサリーを納品しにビオチェドさんへ。
e0187405_22331433.jpg
e0187405_2233405.jpg
モノリスコーナーもちゃんとつくってくれてます。
e0187405_2234767.jpg

手作りの雑貨、衣料、こだわりの調味料など、おもろいもん揃ってます。
ウェブショップもあるので、よかったらチェックしてみてください。

今回は他にもいろいろ相談ごとがあり、長々と滞在。

日が暮れるころに京都に戻り、ロックと有機野菜とコーヒーの店、「フランク菜っ葉」で一通り野菜談義。
e0187405_22342748.jpg

この日は誰かがパンを焼いて持って来たらしく、「カートコパーン」という商品名で売ったら完売だったとか。。。
他にもあるわあるわ。。。駄洒落野菜たち。。。
e0187405_22475538.jpg
ニルヴァーナならぬ二ラバーナ。。
e0187405_22344474.jpg
これはちょっと分からんかった。。。キャロル・キングならぬキャロット・キング。。。

そのあと友達の陶芸の展示見に行ったり、もう一軒納品先に挨拶行ったり。

街はせわしないですね。 
でも魅力的な店がちょっと増えてるような気がした。

また行こ。
[PR]
by monolith27 | 2011-11-17 22:53 |

鈴木家の空気

大変遅ればせながら。。。ご紹介いたします。

もう一部の人たちの間では空前のヒット作と騒がれてはいるのですが。。。

「鈴木家の空気」
e0187405_23153361.jpg


今思い返せば、2011年の始まりとともに全てはこの結論を導くために進んでいたのかもしれません。。

2010年の大晦日、いきなり友達のらん★ぼうから電話があり、大雪で北海道に帰れなくなったので泊めてくれという。。。
ちなみにらん★ぼうはリンク貼ったので見てもらうとえらい真面目な好青年なようですが、名前の由来が「乱棒」であることからも分かるように、超ドエロ野郎です。

そんなわけで三が日はエロ話で終わってしまったのですが、その中でいきなり彼が
「いや〜やっぱ二人が醸し出す空気がなんかめっちゃいいですねぇ〜」と言ったらすかさずうちの嫁は、
「売れるかな?」と答え、そこからひとしきり盛り上がり、上関の原発建設を止めようと頑張っている彼も
「祝島の空気も売ったらいいかも!」とか本気で言い出したので、それはさすがに胡散臭いからやめるようなだめたりしてたわけです。

それから数週間経ったある夜、6ヶ月の娘に栄養を全て吸い尽くされてゾンビみたいになった嫁が、
「ちょっと自分の時間が欲しい」と言って部屋に閉じこもってしまいました。
また漫画でも描いてるのかと思って放っておいたら、しばらくして意気揚々と現れて、この「鈴木家の空気」を僕に手渡しました。

この時の感動と高揚感を僕は今でもはっきりと覚えています。
「とうとうやりよったぁ〜!」って感じでしょうか?

その後、北海道にいたらん★ぼうに一本送ってやって、あとは近所の友達とかに配るくらいでしたが、そこに震災と原発事故が起こり、改めてこのアイテムの価値と先見性を実感しました。

「アイテム」と言いましたが、これは商品ではありません。
作品でもないと思います。
ゲームのお助けアイテムみたいなものです。
ワンアップキノコみたいな。。

でも、ただでは譲りません。
お返しにお宅の空気をください、という交換条件つきです。

お宅の空気を瓶やタッパーやペットボトルなどの密閉容器に詰めて、お宅らしさ、一目見て「あ〜っ!〇〇さんっぽいわ!」 と言わせるようなラベルなり装飾なりを施して返して下さい、という遊びです。

そこから見えてくるのは、見えない空気というものの性質。。。良い空気、悪い空気、優しい空気、明るい空気、面白い空気、などなど。
そして放射能とともに生きざるを得なくなってしまった我々日本人にとっての空気の大切さ。
人にあげたくなるような空気、ということはもちろん良い波動の空気だと思うのですが、家庭内でそんな空気を維持することがいかに大切なことか、という気付き。

大量生産はできませんが、ただいま20%増量中です!
こちらの大人気ブログでも紹介されました。→realfree-kyoto

それにしても一個も帰ってこないのはどういうこと?
[PR]
by monolith27 | 2011-11-17 00:04 |

ハロウィン

実は僕は小学校から中学校にかけて、親の都合でアメリカとカナダで8年間過ごしました。

いわゆる帰国子女です。 

でも、結局向こうにいる間、僕はむしろ日本にめっちゃ憧れてました。
キン消し、ビックリマンシール、ミニ四駆、ファミコン。
日本にいる従兄弟や友達から伝え聞く日本のおもちゃにただただ憧れてました。

そういえばこないだハヤブサ君とこで久々にキン消しとビックリマンシールに触れたな〜
懐かしかった〜!

海外で育っていながら全く西洋化されなかったということは、自分のアイデンティティと深く関わっている事実なわけで、(帰国子女ってのはけっこうアイデンティティクライシスを起こしやすいんです)僕の神社好きも、古墳好きも、こうして仏像彫刻を習って木彫りをしながら田舎暮らししているのも、全てこの辺から来ています。(話すと長いのでこの辺で本題に戻ります。)

さて、そんな僕でも完全に西洋かぶれな部分があります。

それはハロウィンにかける情熱ですemoticon-0170-ninja.gif

実は僕は木彫りをしながら、有機野菜の流通もしつつ、毎週土曜日には友達の英語塾で講師もしています。 3足の草鞋状態です。

ここで毎年ハロウィンをするのですが、今年は僕的にもかなり大満足な出来やったので、ちょっと迷ったものの公開しちゃいます。
だいぶ見苦しいですが。。。
e0187405_22561149.jpg

e0187405_2250731.jpg

女ゾンビです。。。

肩から下げているのは腸です。。。

お粗末様でした。
[PR]
by monolith27 | 2011-11-12 23:09 |

こんにちは、そしてさようなら。

10月入って初のブログ更新。
e0187405_0231443.jpg


何をしてたかというと、前の寺の彫り物の仕事をパソコンで写真資料を見ながらやっていた所、ちょっとした手元の狂いで木槌をパソコンにガツン。。。と。

「ピ〜〜〜ガガガッガッガウ〜ンウ〜ンウ〜ン」

その後3日くらい保ちましたが、とうとう動かんくなってもうたのです。

そしてとうとう買っちゃいました。 iMac!!!

嫁は10年以上前のMac使ってて、僕は父親にもらった富士通のbibloでした。
でも最近工業デザインにやたらと興味がある僕としては、やはりアップル社の製品に触れてみたい!

いや、ほんま素晴らしいですね。
取説も読みやすくて分かりやすいし、ほんとに感覚的に操作がわかる。
パッケージのシンプルさと親切さ、そして極限まで無駄を削ぎ落したデザイン。
作った人にしか分からないような工夫や努力のあとがめっちゃあるんやろなぁ〜。

誰か忘れたけど、あるデザイナーが、「デザインされていることにすら気付かれない、それが本当のデザインの理想である」って言ってたけど、ほんとそう思う。
控えめで、あらゆる暮らしの空間に自然と溶け込めるような、そんなデザイン。

商品が届いた直後、昼飯食いながら携帯ニュースをなにげなく見ると、なんとアップル社の創設者、スティーブ・ジョブス氏が亡くなられたというニュースが真っ先に出てきた。。

初めて自ら購入したアップルの製品。 その直後に知った訃報。
もしかしたらジョブス氏が生きている間に出荷された最後のアップル製品だった可能性も。。。

今までさして気にかけていなかった世紀の天才の早すぎる死を惜しむと同時に、なんかギリギリで間に合ったような、そんな複雑な気分。

こんにちは、そしてさようなら。
[PR]
by monolith27 | 2011-10-07 00:56 |