<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

さてさて、最近えらいマメにブログアップしてますけど、果たしていつまで続くのやら。。。

今日は雲のペンダント。

仏像ではいろんなところで使われているモチーフですけど、主に阿弥陀様関連の図像で使われます。

阿弥陀信仰は日本ではたぶん一番ポピュラーな仏教の流れでしょう。
阿弥陀様の世界は西の彼方にあって(西方極楽浄土)、阿弥陀様を信仰している人が死ぬと、五色の雲に乗って二十五人の菩薩オーケストラを引き連れて迎えに来てくれると信じられていました。

これがその阿弥陀来迎図。
e0187405_23191763.jpg



京都の宇治にある平等院(10円玉に描かれているトコ)ではこの図を彫刻で表現した阿弥陀パラダイスを現世で垣間見ることができます。
ここの二十五菩薩は雲中供養菩薩と呼ばれていて、日本の仏像彫刻の様式を確立した平安時代の仏師、定朝の代表作です。
e0187405_23195615.jpg

そんな阿弥陀さまが乗ってくる雲ですが、うちらの日常でも、ふと空を見上げたときに見事な瑞雲があったりすると、なにかいいことがありそうな気がしたり、気分が高揚したりするものです。

さて、前置きが長くなりました。
そんな素敵な雲をペンダントトップに、と思って作っております。

まずは、雲の形に糸ノコでくり抜いてから彫りはじめます。
e0187405_2341149.jpg

完成。
表側はみんな同じ雲のパターンですが、
e0187405_234343.jpg

ひっくり返すとそれぞれ違うパターンになっています。
e0187405_2345584.jpg

[PR]
by monolith27 | 2010-10-10 23:49 | アクセサリー

カシノナガキクイムシ

「カシノナガキクイムシ」、通称「カシナガ」

聞き慣れない名前やけど、こいつら、今やそこら中にいます。

この者どもです。
e0187405_21334660.jpg
そんなに悪そうな奴らじゃないねんけど。

最近言われているナラ枯れの原因はこいつらです。
「8月なのに紅葉?」と思ったら大間違い、こいつらに寄生された年老いたブナ科の木だったりします。

松枯れの原因のマツノザイセンチュウが外来の虫なのに対して、こいつらは昔から日本にいたそうです。 
まだまだ謎が多いらしいねんけど、薪や炭として里山の木(主にブナ科の落葉樹)を使わなくなったため、森の木が老齢化したことによって、カシナガの格好の標的になってしまって、最近爆発的に増えているみたいです。

僕が活動しているNPO団体、森林環境ネットワークでいつも使っている裏山でも今年一気にやられました。

これはかなりでっかいアラカシの根元。 カシナガが木の中を掘った木屑がたまっています。
e0187405_21341259.jpg

幹を見ると穴だらけ。
e0187405_21345785.jpg


この近くのいい感じのクヌギ林もこないだやられてました。。。

人間が気づいている以上に、周りの環境は急速に変わっていってます。。。
[PR]
by monolith27 | 2010-10-09 21:58 | 畑と森