「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

薫炭と納豆と干し柿

今年は初めての米作りを、隣町のヒロくん、しーやん家でできました。

そしてそれを更に楽しんじゃいます。

まずは籾殻で薫炭作り。
e0187405_23394760.jpg

ずっと用途が分からんかったうちにあったこの煙突。実は薫炭作り用やったみたい。
e0187405_23392067.jpg
なんとか火がついたので上からどんどん籾をかぶせます。
e0187405_23442136.jpg
なみ様も大満足。
煙が出ていればとりあえず成功で、後はただ待つだけ。

お次は藁づと納豆!
以前作ったことあるんやけど、その時は市販の納豆を何粒か一緒に入れてたので、藁に住んでた納豆菌ではなかったと思うねんな。
今回はうちで取れた大豆でリベンジです。
e0187405_2345065.jpg
なんとかこの藁のローカル菌を繁殖させたい!

2日後の今日、しーやんが持って来てくれました。
e0187405_23493779.jpg

ええ感じ!
e0187405_23501287.jpg
糸も引いてる!

大成功です。
このまま冷蔵庫で数日熟成させて完成。
うれしいなぁ〜

さてさて、更に、今日は隣の地区の井上さん家で渋柿を取らせてもらい、干し柿も作っちゃいました。
e0187405_2352419.jpg
柿はもうだいぶ熟れてしまっててちょっと遅かったかなぁって感じやったけど、ま、10連くらいできたし、初めてなのでこんなもんで。
今年うまくいったら来年大量にやったろ。

ちなみに、干し柿も稲藁でつるすとよく見るあの白い粉が吹いて美味しくなるそうです。

稲作ってほんと豊かやなぁ〜

てな感じで今週は遊びまくってます。。。よーし! 仕事するで〜emoticon-0170-ninja.gif
[PR]
by monolith27 | 2011-11-26 00:01 | 畑と森

今日はしばらく干していた小豆をサヤから外しました。

1年の畑仕事の中でも一番待ち遠しい作業です。
e0187405_2255328.jpg


去年大豆を収穫したときに気付いたんやけど、どうやら僕は豆がものすごく好きらしい。
なんやろ、この感覚?
乙女心に近い。遊び心? ちょっと違う。

幼い頃、持ってるビー玉の中から特に気に入ってるのを選抜して選りすぐりだけを集めた時のウキウキ感みたいな。。。
きれいな豆だけになったザルを持ってひたすらジャラジャラしながら豆を愛でていたいです。
[PR]
by monolith27 | 2011-11-18 23:14 | 畑と森

街へ行く日

久々に単独で京都市内に行きました。

やること盛りだくさんです。。。

あっちこっち行って買い物した後に京都と滋賀の県境にある比叡平という住宅街へ。
木彫りのアクセサリーを納品しにビオチェドさんへ。
e0187405_22331433.jpg
e0187405_2233405.jpg
モノリスコーナーもちゃんとつくってくれてます。
e0187405_2234767.jpg

手作りの雑貨、衣料、こだわりの調味料など、おもろいもん揃ってます。
ウェブショップもあるので、よかったらチェックしてみてください。

今回は他にもいろいろ相談ごとがあり、長々と滞在。

日が暮れるころに京都に戻り、ロックと有機野菜とコーヒーの店、「フランク菜っ葉」で一通り野菜談義。
e0187405_22342748.jpg

この日は誰かがパンを焼いて持って来たらしく、「カートコパーン」という商品名で売ったら完売だったとか。。。
他にもあるわあるわ。。。駄洒落野菜たち。。。
e0187405_22475538.jpg
ニルヴァーナならぬ二ラバーナ。。
e0187405_22344474.jpg
これはちょっと分からんかった。。。キャロル・キングならぬキャロット・キング。。。

そのあと友達の陶芸の展示見に行ったり、もう一軒納品先に挨拶行ったり。

街はせわしないですね。 
でも魅力的な店がちょっと増えてるような気がした。

また行こ。
[PR]
by monolith27 | 2011-11-17 22:53 |

鈴木家の空気

大変遅ればせながら。。。ご紹介いたします。

もう一部の人たちの間では空前のヒット作と騒がれてはいるのですが。。。

「鈴木家の空気」
e0187405_23153361.jpg


今思い返せば、2011年の始まりとともに全てはこの結論を導くために進んでいたのかもしれません。。

2010年の大晦日、いきなり友達のらん★ぼうから電話があり、大雪で北海道に帰れなくなったので泊めてくれという。。。
ちなみにらん★ぼうはリンク貼ったので見てもらうとえらい真面目な好青年なようですが、名前の由来が「乱棒」であることからも分かるように、超ドエロ野郎です。

そんなわけで三が日はエロ話で終わってしまったのですが、その中でいきなり彼が
「いや〜やっぱ二人が醸し出す空気がなんかめっちゃいいですねぇ〜」と言ったらすかさずうちの嫁は、
「売れるかな?」と答え、そこからひとしきり盛り上がり、上関の原発建設を止めようと頑張っている彼も
「祝島の空気も売ったらいいかも!」とか本気で言い出したので、それはさすがに胡散臭いからやめるようなだめたりしてたわけです。

それから数週間経ったある夜、6ヶ月の娘に栄養を全て吸い尽くされてゾンビみたいになった嫁が、
「ちょっと自分の時間が欲しい」と言って部屋に閉じこもってしまいました。
また漫画でも描いてるのかと思って放っておいたら、しばらくして意気揚々と現れて、この「鈴木家の空気」を僕に手渡しました。

この時の感動と高揚感を僕は今でもはっきりと覚えています。
「とうとうやりよったぁ〜!」って感じでしょうか?

その後、北海道にいたらん★ぼうに一本送ってやって、あとは近所の友達とかに配るくらいでしたが、そこに震災と原発事故が起こり、改めてこのアイテムの価値と先見性を実感しました。

「アイテム」と言いましたが、これは商品ではありません。
作品でもないと思います。
ゲームのお助けアイテムみたいなものです。
ワンアップキノコみたいな。。

でも、ただでは譲りません。
お返しにお宅の空気をください、という交換条件つきです。

お宅の空気を瓶やタッパーやペットボトルなどの密閉容器に詰めて、お宅らしさ、一目見て「あ〜っ!〇〇さんっぽいわ!」 と言わせるようなラベルなり装飾なりを施して返して下さい、という遊びです。

そこから見えてくるのは、見えない空気というものの性質。。。良い空気、悪い空気、優しい空気、明るい空気、面白い空気、などなど。
そして放射能とともに生きざるを得なくなってしまった我々日本人にとっての空気の大切さ。
人にあげたくなるような空気、ということはもちろん良い波動の空気だと思うのですが、家庭内でそんな空気を維持することがいかに大切なことか、という気付き。

大量生産はできませんが、ただいま20%増量中です!
こちらの大人気ブログでも紹介されました。→realfree-kyoto

それにしても一個も帰ってこないのはどういうこと?
[PR]
by monolith27 | 2011-11-17 00:04 |

ピアス

さて、だいぶ前にできてましたが、新作をちょこっとアップします。

今回はピアス。

"loop"   ¥9,300
e0187405_239157.jpg

"twinkle"   ¥2,400
e0187405_23822100.jpg

"bubble"   ¥3,600
e0187405_2381063.jpg


タカラムスビはそれなりに木取りして作りますが、他は基本的に端材であるものを使って出来ちゃうので、大きさや形も自ずといろんなのが出来ます。
手間もあまりかからないのでローコスト。

ジャラジャラのピアスの色が違うのは、白いのがヒノキで、茶色っぽいのが桜です。

軽くてかわいいピアスちゃん達、今後もちょっとずつ新しい形を試していきます!

お問い合わせはこちらまで!!!
[PR]
by monolith27 | 2011-11-16 23:14 | アクセサリー

農家訪問

三重に引っ越した友達が働いている農園から、来春京都で新規就農したい先輩がいるということで、今日その人が訪ねて来ました。

以前綾部に住んでいたこともあるということで共通の友達もいたりして、楽しく畑巡りができました。
e0187405_0141956.jpg
まずはうちの会社、オーガニックnicoの代表、中村さんの畑。

日吉町の山間、見渡す限り山に囲まれた、とても素敵なほ場でした。しかもこの辺では珍しく植林ではなく雑木ばかりです。

動物性の堆肥は入れず、マメ科やイネ科の緑肥作物を鋤き込んで肥料としています。
これは米ぬかや油かす、廃菌床などを原料に作ったボカシ肥料。
e0187405_0154267.jpg
触ると暖かくて、ものすごい良い匂いがします。 無数の菌たちが出番を待っている状態です。

ダイコンサルハムシに食われて網の目状になってしまった白菜。
e0187405_0255028.jpg
ここまでやられると見事ですね。

次は亀岡の平井農園
e0187405_0144671.jpg
めちゃめちゃマメな平井さんをそのまま畑にしたような整然とした畑でした。

ここは動物性の資材はもちろん、米ぬかや油かすも使わないとのこと!
どうしているのかというと、生えて来た雑草を畝間に積んでいき、昨期が変わるとその雑草の上に両側の畝から半分土を乗せて新しい畝を作り、その雑草が自然に分解したものを肥料としているのだそうです。

そのまた手で立てた畝の丁寧なこと!
e0187405_0121456.jpg


このあと林農園さんにもお邪魔したのですが、カメラの電池切れで写真がありません。

あくまでも副業の有機野菜の販売なので、農園巡りをさぼっていたのですが、今回ほんまにいい機会でした。
三重から来た彼もかなり勉強になったようです。

田舎の有機農業は畜産農家から出る牛、豚、鶏の糞を原料にした堆肥を大量に入れるのが当たり前になっていますが、その堆肥が未熟だったり量が多すぎたりすると、農薬をかけた野菜食べた方がまし、という説もあるくらい身体に悪い影響があるそうです。

またそうした動物性の堆肥には、飼料に含まれている抗生物質や、最近では放射能が大量に混入している可能性もあります。

畑を一つの生態系として捉え、そこにあるものだけで循環できるような状態を作ってやる。

今回ご紹介した農家さんは二人ともそういう理念で農業をされています。

「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんも本で書いていますが、森の木々が葉を落とし、それを微生物が分解し、また木々が栄養として吸収できる豊かな土壌ができる、という一連の循環を畑でも実現できれば自然農は実践できるんですね。

ただ、森と違うのは、畑の木々は収穫されてしまうこと。

人がその循環の中から作物として野菜を収奪してしまうのですが、この収奪を、野菜と土と人との共生関係として捉えたらいいのかなぁ〜とか。

結局肝心なのは愛情と手間なのでしょうか?  

なんか適当にまとめちゃいました。
[PR]
by monolith27 | 2011-11-15 00:10 | 畑と森

ハロウィン

実は僕は小学校から中学校にかけて、親の都合でアメリカとカナダで8年間過ごしました。

いわゆる帰国子女です。 

でも、結局向こうにいる間、僕はむしろ日本にめっちゃ憧れてました。
キン消し、ビックリマンシール、ミニ四駆、ファミコン。
日本にいる従兄弟や友達から伝え聞く日本のおもちゃにただただ憧れてました。

そういえばこないだハヤブサ君とこで久々にキン消しとビックリマンシールに触れたな〜
懐かしかった〜!

海外で育っていながら全く西洋化されなかったということは、自分のアイデンティティと深く関わっている事実なわけで、(帰国子女ってのはけっこうアイデンティティクライシスを起こしやすいんです)僕の神社好きも、古墳好きも、こうして仏像彫刻を習って木彫りをしながら田舎暮らししているのも、全てこの辺から来ています。(話すと長いのでこの辺で本題に戻ります。)

さて、そんな僕でも完全に西洋かぶれな部分があります。

それはハロウィンにかける情熱ですemoticon-0170-ninja.gif

実は僕は木彫りをしながら、有機野菜の流通もしつつ、毎週土曜日には友達の英語塾で講師もしています。 3足の草鞋状態です。

ここで毎年ハロウィンをするのですが、今年は僕的にもかなり大満足な出来やったので、ちょっと迷ったものの公開しちゃいます。
だいぶ見苦しいですが。。。
e0187405_22561149.jpg

e0187405_2250731.jpg

女ゾンビです。。。

肩から下げているのは腸です。。。

お粗末様でした。
[PR]
by monolith27 | 2011-11-12 23:09 |

メンテナンス

一通り作品が仕上がった来たら全部まとめて油を塗ります。

この油を塗るのと塗らないのとでは。。。
e0187405_22365010.jpg

こんなに違います。

アクセサリーに限らず、食器や家具でも、手作りの木製品は油を塗るなどのメンテナンスは欠かせません。

革靴なんかと同じように、ちょっと表面が乾いて来ていたり、パサついて来ていたら油やワックスを塗ってやると見違えるほどかっこ良くなります。

プラスチックの製品や、コンクリートの建物なんかはメンテナンスや掃除をしてても年月とともにボロく汚くなっていくけど、木や皮、石、レンガ、陶器など自然素材でできた物はしっかり使い込めば使い込むだけ味がでて渋くなって行きますね。

オシャレかも知れないし、安いかもしれない。
でも、長い目で見たらやっぱり使い込む喜びに勝るものはないんちゃうかな〜。。。とか思って買い渋っているため、いまだにうちのダイニングテーブルはキャンプ用のテーブルを使っています。。。
[PR]
by monolith27 | 2011-11-11 22:48 | アクセサリー

事後報告。。。

すみません、またしばらくブログサボってました。

そして出店の事後報告ですわ。
e0187405_2215342.jpg

三重はいなべ市にあるキャンプ場、青川峡キャンピングパークにて開催された青川手づくり市。

友達のハヤブサ君が働くキャンプ場です。
e0187405_2222064.jpg

出店先でよく出会ってて仲良くなったハヤブサ君とヤマトロちゃんの夫妻ですが、実際遊びにいくのは初めてでかなり楽しみでした。
しかも今回はヤマトロちゃんのご懐妊というグッドニュースもあり、出店もかねて是非とも遊びに行きたかったのです。
彼らのブログ、自然物雑貨屋 『MyHouse』 の暮らしっぷり!を見てていっぺん家は見に行きたかってんなぁ〜。

いやいや、ほんま素敵な家で丁寧な暮らしぶりでした。 おでん旨かった!

そして今年二度目の出店の方もかなりまったりしてて楽しかった。
子供連れの家族さんがほとんどのイベントやったのでなみも気軽に遊ばせておけたし。
今回は嫁の漫画も販売しました。

来年はめっちゃ出店します。
これから冬はジャンジャン制作しまっせっっっっっemoticon-0169-dance.gif
[PR]
by monolith27 | 2011-11-10 22:35 | 出店情報