「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オーガニックマーケット滋賀

4月から滋賀の三井寺で開催されているオーガニックマーケットに出店しています。
オーガニックマーケットしが

e0187405_23522389.jpg


e0187405_23514325.jpg


e0187405_23503255.jpg


うちは「鈴木家」という名前で出してます。
なぜなら内容にまとまりがないからです。。。
木彫り屋モノリスの木彫りアクセサリー、鈴木裕希の漫画とポストカード、オーガニックnicoの野菜と加工品。

農家さんや八百屋さん、お弁当屋さんやフレンチの料理人さん、パン屋さんにオーガニックコットンの服屋さん。。多種多様な人たちがオーガニックにつながれるステキなマーケットです。

毎月第3日曜日!
鈴木家は6月も出します!
[PR]
by monolith27 | 2012-05-30 23:57 | 出店情報

ベクトル平衡体

Thrive(スライブ...繁栄すると言う意味)という映画が密かにブームになってます。
下のリンクから日本語版が無料で見れます。
映画Thrive日本語吹き替え版

最近「フード・インク」とか、「コーポレーション」とか、国家や経済、社会システムの黒幕を暴くようなドキュメンタリー映画がたくさん出てますね。
この映画はそんな中でもスピリチュアル系? カルト系? 一見そんな色が濃厚です。

いずれにせよ、こうしたドキュメンタリー映画が提示する情報というのは鵜呑みにしないことが大事ですね。
「ドキュメンタリーだから真実を伝えているのだろう」という発想は、「テレビのニュースだから真実を伝えているのだろう」と思い込むのと同じくらい危険だと思います。

自分にとって真実として受け入れられる情報だけ抜き取るのが正しい見方なのかな?と思います。
それ以外の部分はエンターテインメントとして見るのが好きやし、いつそれが自分にとって真実になり得るか分からないので、一応理解はしようとします。

さて、この映画で僕が一番食いついたのがこのベクトル平衡体です。
e0187405_2248532.jpg

宇宙が展開する原理であるトーラス構造の骨格となる立体。。。
見れば見るほど不思議な形です。

実は僕のアクセサリーのデザインのひとつのテーマは「力のある形」なのです。
それで「フラワーオブライフ」とか作ってきたのですが、幾何学にはなぜ力があるのか?というところはまだ全然理解してませんでした。
幾何学という知識にどこから入ったらいいか分からない、という状態です。

それが、この映画でベクトル平衡体というものに出会い、入り口がみつかりました。

ベクトル平衡体の素晴らしさをヴィジュアル的に表現した動画を発見!
Animation depicting Fuller's geometric explorations
「ベクトル平衡体」の名付け親、バックミンスター・フラーの幾何学に関する探求を表現した動画だそうです。
音がないので、お好みのサウンドをかけてお楽しみ下さい。
[PR]
by monolith27 | 2012-05-30 23:13 | 幾何学

誕生仏

ちょっと前のイベントですが、4月の8日に「ハナマツリ」というイベントが隣町の日吉町でありました。

原発や放射能関連のイベントでしたが、お釈迦様の誕生日の花祭りということで、イベント用に誕生仏を作ってはいかがか、ということになり、急遽彫ってみました。

当日は甘茶をかけてもらったのでツヤツヤです。
e0187405_2342313.jpg


ガネーシャとのツーショット。。。
e0187405_23415111.jpg


実は。。このお釈迦様のモデルはうちの娘です。
親バカ丸出し仏です。
[PR]
by monolith27 | 2012-05-22 23:35 | 作品

ganesh

友人の依頼でガネーシャを彫りました。
e0187405_18581072.jpg

6年前くらいに人からもらったクスノキ。。ずっと何を彫ろうかとぼんやり思っていたんですが、自ずと決まりました。

台座もいただき物のヒノキの板。

持ち物の斧と蓮華は別彫りで手に差し込んであります(写真では蓮華が傾いてますが。。。)
e0187405_197171.jpg


頭上の玉は、本体とは別物に見えますが、彫り出しです。
王冠にするつもりがなにやらおかしな木目だったので、玉にしてペーパーでしつこいほど磨いてみました。
大理石っぽい質感が出ておもろしろい。
e0187405_1972176.jpg


背中には「オーム」梵字。

めっちゃ楽しく彫らせていただきました。
[PR]
by monolith27 | 2012-05-15 18:48 | 作品